農家の嫁の日記

アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

zoom RSS されど、龍は手を伸ばす。 185 ――無双OROCHI異聞録―――

<<   作成日時 : 2015/01/23 14:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


「……凄まじき『気』だな。黒の忍者」

 素戔鳴はそう言いながら、天叢雲を初めて構える。この相手はそうしなければならない程の相手だと、彼の中では警報が鳴り続けていた。
「…………」
 対してハヤブサも、無言で龍剣を構える。前の戦で負傷してから療養している間中、ずっと思い描いていた相手。それが、目の前にいる。ともすれば高揚しそうになる心を押さえ、ただ、静かに息を吐いた。

「……戦いに入る前に、名を聞いておこうか。『龍』の忍者よ」

 荒ぶる『龍』の気が、素戔鳴にはひどく心地が良かった。うっかり愛(め)でそうになってしまうほどだ。

「我が名は、リュウ・ハヤブサ」

 黒の忍者は簡潔に答える。それに対して素戔鳴も、にやりと笑みを見せた。
「『リュウ・ハヤブサ』か……。覚えておこう」
 そう言いながら素戔鳴も、ジリッと間合いを詰める。久しぶりに歯ごたえのある戦いが楽しめそうな予感に、胸が躍った。
 互いに剣を構えながら、じりじりと間合いを測る。周りでは仙界軍の兵士たちと劉備軍との間で乱戦が起こっているが、二人の周りだけが、ただ切り離された空間であるかの如く、沈黙の中に在った。

 果たしてその瞬間、一体どちらが早かったのか――――。

 ダンッ!! という激しい踏む込み音と共に、互いの姿が、そこから消えた。

「叭――――――ッ!!」

「うおおおおおおおっ!!」

 ドンッ!


 凄まじい音ともに、互いの剣撃がぶつかり合う。その振動は周囲の空気を裂き、土埃を舞い上げさせた。力は全くの五分と五分。そこから互いに一歩も引く気などない。すぐに、次の手が繰り出される。だがそれも、互いの身体には届かない。ならば、次の手を。

 ガンッ!!

 ガキッ!!


 そのまま激しい剣の応酬が始まった。二人がぶつかり合うたびに、青白い火花が飛び散り、空気が裂け、周囲に振動が伝わった。

「ハヤブサ!!」

 流石にハヤブサの身を案じてしまうシュバルツは、彼の傍に行こうとする。それを、押しとどめる者が居た。
「―――貴殿は絶対に、これより前には出るな」
「関羽殿!!」
 驚いたシュバルツが関羽に声をかける。関羽は、シュバルツの方には振り向かず、ただ、青龍偃月刀を迸らせた。

「憤ッ!!」


 その一振りは、シュバルツに殺到しようとした仙界兵達を跳ね飛ばす。
「拙者は約定を交わした。故に、拙者はそなたを守らねばならぬ」
「約定?」
 シュバルツは不思議そうに関羽を見上げる。
「……それは、誰とですか? ハヤブサと、ですか?」
 問うてくるシュバルツに、関羽はちらりと視線を走らせた。
「……確かにそれもある。だが、それだけではない」
「…………?」

「これは最早、拙者の『信義』の問題なのだ」

 関羽はそれだけを言うと、青龍偃月刀を、ドンッ! と、音を立てて地面に立てかけた。
「故にシュバルツ! 拙者はそなたを守る!! 絶対に――――我の傍から離れるな!!」
 そう言いながら関羽は、シュバルツに襲いかかろうとする仙界軍の兵士たちを、青龍偃月刀で薙ぎ払い続けた。

「……関羽殿……!」

 シュバルツは、そこから一歩も動けなくなってしまった。
 それほどまでに――――関羽と言う男から発せられた『信義』という言葉は、重さを伴ってシュバルツに響いていた。

「ぬうっ!!」

 龍の忍者と素戔鳴の一騎打ちは、合の打ち合いを経るに従って、その激しさを増して行った。このままでは埒が明かないと感じた素戔鳴は、自身が神仙であるが故に持ち得た力――――雷撃を、戦いの手に加えることにした。

「覇っ!!」

 鍔迫り合いからの雷撃―――この攻撃をかわしきれた者は皆無。素戔鳴が勝利を確信しようとした、刹那。
「――――!」
 龍の忍者が、いきなり眼前から姿を消した。
「―――――!?」
 素戔鳴が驚いている間に、雷撃の間からいきなり龍剣が突き出てくる。

 ドンッ!!

 それは、素戔鳴の体をいきなり高々と打ち上げた。その素戔鳴を追う様に、黒い影が跳び上がる。黒い影は空中で素戔鳴を羽交い絞めにすると、そのまま綺麗な放物線を描いて錐揉みしながら素戔鳴の体を地面にたたきつけた。龍の忍者の『飯綱落し』が炸裂したのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 いつも愛読していただいてありがとうございます(^^)。
また、気持ち玉へのクリックもありがとうございます! 
ものすごくものすごく励みになります。
アンケート実施しています(*^^*)ご協力お願いいたしますm(__)m
 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

されど、龍は手を伸ばす。 185 ――無双OROCHI異聞録――― 農家の嫁の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる