農家の嫁の日記

アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

zoom RSS されど、龍は手を伸ばす。 190 ――無双OROCHI異聞録―――

<<   作成日時 : 2015/01/27 00:18   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


 赦しがたい。
 素戔鳴は既に二度、シュバルツを殺している。
 そして今の言動行動――――彼は全くシュバルツを『理解』しようとしていない。ただ『滅殺すべし』の一点張りだ。絶望的に、話し合いが通じない相手なのだと感じる。

 それならば、いっそ
 いっそのこと――――

「……………!」

 目の前の龍の忍者の明確な殺気に、素戔鳴はギリ、と歯を食いしばる。
 ハヤブサは今――――完全に『人斬り』の目をしていた。

「ハ、ハヤブサ様!!」

 素戔鳴の危地を感じ取ったかぐやが、慌てて声を上げる。
「どうかお許しを……! 素戔鳴様は、我が神仙界には無くてはならぬ御方なのです!」

 かぐやの叫びに、しかしハヤブサは答えない。龍剣を素戔鳴に突きつけたまま、殺気を漂わせている。

 駄目だ。
 今ここでこいつを殺さねば――――
 こいつはまた、シュバルツに害を為す。

「ハヤブサさん! 止めて!!」

 甲斐姫もたまらず声を上げた。
 今目の前で行われようとしているのは、『闘い』ではない。一方的な殺人だ。
 戦の理で仕方がないこととはいえ、愛する人を守るためだとは言え――――
 そのような事は、して欲しくないと願う。
 だって友人であるかぐやは、素戔鳴の助命を願っているのだから。

「ハヤブサさん!!」

 だが、その声がまるで聞こえていないかのように、龍剣を素戔鳴に突きつけ続けるハヤブサ。あまつさえ、その龍剣を振り上げようとしているようにすら見える。
「ハヤブサ様!!」
「ハヤブサさん!! 駄目っ!!」

「ハヤブサ!!」

「――――!」
 愛おしいヒトの声に、ハヤブサの動きがビクッと止まる。そちらに視線を走らせると、そのヒトはこちらを必死に見つめていた。
(そんなことはしなくていい)
 瞳がそう訴えて、懸命に首を振っている。ハヤブサは口の中で小さくチッ! と、舌打ちをした。
(お人好しめ!)
 信じられない。
 あれだけ好き放題言われたと言うのに、どうしてあいつはそれを許せてしまえるのだ。
 しかし、愛おしいヒトがそれを望んでいないと分かると、自分の中の殺気が萎えてしまったのも事実だ。
「……………」
 ハヤブサは小さく息を吐くと、素戔鳴の身体の上からゆっくりと退いた。

「去れ!」

 短くそう言うと、龍剣を下げて素戔鳴に背を向ける。そのまま龍の忍者はすたすたと歩き出した。

「……………ッ!」

 ハヤブサから解放された素戔鳴の身体が、わなわなと小さく震えている。
 無理もない。
 今彼は――――最大級の屈辱を感じていた。
 戦いで人の子に敗れ、さらに命乞いまでされてしまったのだから。
(おのれ………!)
 怒りで視界が真っ赤に染まる。龍の忍者の背中越しに、シュバルツの姿を見続けた。

 あの魔物
 あの魔物を
 何としても、このまま放置しておく訳には――――!

「ハヤブサ!」

 シュバルツが、関羽の影から出てくる。
 この瞬間を、素戔鳴は見逃さなかった。

(今だ!!)

 狙いすまして、雷撃を放つ。
 だが次の瞬間。

 ガキッ!!

 龍の忍者が振り向きざまに、その雷撃を龍剣で撥ね返していた。

「な――――!」
 息を飲む素戔鳴に、ハヤブサはにやりと笑いかける。
「……やると思った」
「…………!」
 ギリ、と、歯を食いしばる素戔鳴に対して、ハヤブサは改めて龍剣を構えた。

「もし次に同じことをすれば――――かぐややシュバルツが止めても、俺は貴様を斬る」

 声音は静かだが、そこから漂う明確な殺気。それが素戔鳴に『これは脅しではない』と悟らせた。
 本気だ。
 目の前の男は、本気で吾を斬ろうとしている。
 そしてこの者は――――それが出来てしまうのだ。
「く…………!」
 素戔鳴は認めざるを得なくなった。
 もう本当に自分には、打つ手が無くなってしまったのだと――――


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 いつも愛読していただいてありがとうございます(^^)。
また、気持ち玉へのクリックもありがとうございます! 
ものすごくものすごく励みになります。
アンケート実施しています(*^^*)ご協力お願いいたしますm(__)m
 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

されど、龍は手を伸ばす。 190 ――無双OROCHI異聞録――― 農家の嫁の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる