農家の嫁の日記

アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

zoom RSS ただひたすらに、君を想う。 39

<<   作成日時 : 2015/08/08 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(ハヤブサ……)

 あの手紙を手に取った瞬間の感覚を、今でもシュバルツは鮮明に思い出す事が出来る。
 鈍い痛みが、手に走った。
 突き刺さるような哀しみが――――心を打った。
 手紙には、書かれた文字には、その書いた主の『ココロ』が宿る。
 少なくとも、里への手紙を書いていた時のハヤブサの心境は―――――辛苦に満ちていた、と言う事だ。

(ハヤブサ……。どうしてそんな気持ちを抱えて手紙を……? 別れた私の事なら、気にしなくともいい。お前の決断を私は尊重しているし、お前の幸せだけを、私は祈っているのだから……)

 だが、その気持ちすら伝える術を持ち合わせていない自分に、シュバルツは苦笑する。だが仕方が無い。『別れる』とは、そう言う事なのだから。

 ハヤブサが、幸せでいるのかどうか。
 シュバルツは、ただそれだけが気がかりであった。

 ハヤテは、間違いなくハヤブサを愛している。
 彼ならば、いついかなる時でも、ハヤブサを愛し、守るために行動をしてくれるだろう。そしてきっと、ハヤブサも―――――

 彼の愛情がハヤテに向けば、きっと、似合いだ。
 誰もが見惚れる、素晴らしいパートナー同士になれるだろう。

「…………!」
 そう思う時、ココロが軋んでしまうのは何故だろう。
 素直に心から『おめでとう』と、言えないのは何故なのだろう。

 ハヤブサ
 ハヤブサ

(会いたい……!)

 せめて一目で良い。今のハヤブサに会いたかった。
 ハヤテの横で、これ以上ないと言うほど幸せな表情を浮かべて、笑っているハヤブサを見たかった。そうすれば―――――完膚無きにまで叩きのめされて、いろいろあきらめる事が出来るのに。自分が身を引いた甲斐もあるのに。

(そう言えば……ここは、ハヤブサの気に入りの場所だったな……)

 二人で待ち合わせをした時、ハヤブサは、よくここから見える小さな沢で、釣り糸を垂れていた。2人が初めてキスを交わしたのも、ここだった。
 この場所は、思い出が多すぎる。
 二人で沢を泳いだり
 あの木の下で――――――
(……………!)
 うっかりその時のハヤブサの息づかいや体温を思い出しそうになって、シュバルツはブンブン、と、頭を振る。
 忘れようとしても、忘れられる筈もない。
 愛おしさと、恋しさばかりが募っていく。

 どうして
 どうしてこんなにも、会いたいと願ってしまうのだろう。
 自分はアンドロイドで。自分の身体を構成している物も歪すぎて―――――おおよそ、人間の『パートナー』としては、これ以上ふさわしくない存在であるのに。いつか、身を引かねばならぬと分かっていたのに――――

 自分が酷く執着質で、粘着的な性格をしているのではないかと感じてしまって、シュバルツは途方に暮れてしまう。

 ここは元々、ハヤブサが気に入っていた場所だ。だから、ハヤテの元に居るハヤブサが、特に自分に会いたいと思う訳でもなく、またここに来る可能性だって無きにしも非ずだ。
 身を引くと、会ってはならぬと分かっていると言うのなら―――――自分は、今すぐここから立ち去るべきだ。ここは元々ハヤブサの領域(テリトリー)。本当なら、自分はここに居てはいけないのだから。

 なのに
 何故
 立ち去れないのだ。

 どうして―――――
 ここから一歩も動けないのだ。

 会いたいと
 抱きしめて欲しいと
 どうして、願ってしまうのだろうか。

 こんなのは駄目だ。
 駄目だと、分かっているのに―――――!

「ハヤブサ……」

 溢れる涙を押さえる事も出来ず、シュバルツはその場にうずくまってしまう。きっと今日もまた―――――こんな事をしながら、ずっとここに居続けてしまうのだろう。
 我ながら本当に呆れる。
 自分の願いがもう一度叶う可能性など、皆無に等しいと言うのに。
 ハヤブサのためにもハヤテのためにも、自分は、彼らの前からその存在を消さねばならないと言うのに。

 でも………
 それでも―――――

(せめて……こうやって想い続ける事だけは……許してくれないか? ハヤブサ……)

 せめて、君を想う。
 せめて、君の幸せを、願う。

 誰にも知られる事のないシュバルツの涙が、そっと風の中へと散って行った。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 いつも愛読していただいてありがとうございます(^^)。
また、気持ち玉へのクリックもありがとうございます! 
ものすごくものすごく励みになります。
アンケート実施しています(*^^*)ご協力お願いいたしますm(__)m
 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

ただひたすらに、君を想う。 39 農家の嫁の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる