農家の嫁の日記

アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

zoom RSS 戦う君に、花束を 74

<<   作成日時 : 2017/03/21 23:21   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


 助けられる?
 本当に────?

「ナディール、もう、あまり時間も残されていない。お前も人質たちに呼びかけを行ってくれ」
「ハヤブサ様………!」
「何があろうと、俺は、全力でお前を守る! だから、頼む!」
「分かりました」
 ハヤブサの言葉に、ナディール姫も頷く。
 確かに今は、なりふり構っている場合ではない、と、彼女もとっくに気が付いてた。
「声は、この奥から聞こえる!! 行くぞ!!」
「はい!!」
 ナディール姫とハヤブサは、地下通路を勢いよく走りだしていた。

「ロアンヌさん!! ミレイさん!! どこにいるの!?」

 姫の高い、力強い声が、通路に響き渡る。まさに、狙われている標的者(ターゲット)の声─────それに引き寄せられるかのように、モンスターたちが次々と、その通路に姿を現していた。

「ちいいいいっ!」

 この戦いのリスクを、ある程度覚悟していたハヤブサは、特段あわてることもない。
 姫に害が及ばないよう、最速の、最短の方法で、群がる敵を倒していく。

「ハヤブサ様!! 助けを呼ぶ声は、どちらから!?」

 分かれ道が来るたびに、姫が振り返って確認をしてくる。

「右だ!! 右の道を行け!!」

 そのたびに、龍の忍者は声を聞き取り、姫に指示を出した。
「はい!!」
 姫もハヤブサの言葉を疑うことなく、まっすぐに足を進めていく。
 周囲に響くのは、戦いの喧騒の音。
 だが姫は、特に気にすることもなく。足を進めた。

 自分はいい。
 自分には、盤石の、『最強の護衛』が付いていてくれる。
 彼がそばにいる限り、自分は、何を恐れることがあるだろう。

 それよりも、一刻も急がねばならないのは、人質たちの発見だ。
 彼女たちは今まさに、『死』への明確な恐怖を感じながら、この時を過ごしているのだ。

 早く助けてあげたい。
 早く
 早く─────!

 必死に足を動かすナディール姫の前に、一体のヒト型のモンスターが飛び出してくる。
「──────!」
 一瞬、息をのむナディール姫。だがすぐに、龍の忍者の鋭い声が響いた。

「頭を下げろ!! ナディール!!」

「………………!」
 言われたとおり、その場にしゃがみ込むナディール姫。そのすぐ上を、鋭い羽音とともに、何かが飛来していった。

「ギャッ!!」

 正確に眉間を射抜かれたモンスターが、もんどりを打って倒れる。眉間に突き刺さっている、一本の矢。それを見て初めて、ナディール姫は、ハヤブサが弓を射たのだと理解していた。
「ハヤブサ様………!」
「立てっ!! 走るぞ!!」
「はい!!」
 ハヤブサが、手早く弓をしまいながら叫ぶ。ナディール姫も、返事と同時に立ち上がり、再び走り出していた。

「ミレイさん!! ロアンヌさん!! お願い!! 返事をして──ッ!!」

 彼女は、声を限りに叫び続けていた。


「…………………!」
 ドアをたたき続けていたミレイに、その声ははっきりと届き始めていた。彼女はドアをたたく手を止め、ロアンヌの方に振り返っていた。
「母さん………! 聞こえる………!」
「え………?」
「聞こえるのよ!! 姫様の声が!!」
「姫様の………?」
 泣きぬれた母親の手を引いて、ミレイはドアのところに導く。そこで、ドアに耳を当てるようにと母親に頼んだ。

「………ほら……。よく聞いて。聞こえるでしょう……? 姫様の声が……!」

「……………?」
 娘に乞われるままに、半信半疑ながら、ドアに耳を当てるロアンヌ。
 すると。

「─────」

 確かに、聞こえた。小さいが、間違いなく、ナディール姫の声────

「そんな…………!」
 思わず、口に手を当てて息をのむロアンヌ。そんな母親に、娘はそっと寄り添ってきた。
「ね………? 確かに、来ていたのよ………! 姫様が、私たちを助けに………!」

「そんな!! だめよ!!」

 いきなり、ロアンヌがはじかれたように叫ぶ。
「母さん!?」
 驚くミレイに、母親は言い聞かせるように答えていた。
「いけないわ……! 姫様にこんなところに来させるなんて………! 私たちのために、姫様を危険にさらすことになってしまう……!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 いつも愛読していただいてありがとうございます(^^)。
また、気持ち玉へのクリックもありがとうございます! 
ものすごくものすごく励みになります。
アンケート実施しています(*^^*)ご協力お願いいたしますm(__)m
 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

戦う君に、花束を 74 農家の嫁の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる