農家の嫁の日記

アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

zoom RSS 戦う君に、花束を 155

<<   作成日時 : 2017/11/15 00:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


 やはり、いち早く反応したのは、龍の忍者であった。

「トマス!! 離れろ!!」

 抜刀しながら、ハヤブサは人間『だった』男に向かって走る。しかし、黒の蛇の方が、一瞬早く、トマスの腕にとりついてしまった。蛇たちは、ずぶずぶ、と、音を立てながら、トマスの腕に潜り込んでいってしまう。

「ぎゃあああああああああ!!」

 激痛と、目の前で繰り広げられるあまりにもグロテスクな光景に、トマスは絶叫していた。蛇たちはさらに、腕からトマスの身体の方に進み、彼を食らいつくそうとしている。

「ちぃっ!!」

 龍の忍者の決断は早かった。

 たとえ、彼から後でどう恨まれようとも
『生命』には、代えられないのだ。

 迷いのない白刃は、浸食されたトマスの腕を、一刀のもとに斬り落とす。
「────────!!」
 声にならない悲鳴。
 飛び散る鮮血と、切断された黒蛇の遺骸。

「止血をしてくれ!!」

 ハヤブサはトマスの身体をひっつかむと、強引に兵士たちの方に押し戻した。そのまま、男の身体から、なおも湧き出てくる黒蛇たちと相対する。

「覇———————ッ!!」

 蛇たちの身体を両断する。しかし、まだ幾何かの蛇が、ハヤブサの攻撃を避け、その背後にいる無防備な獲物たちに、襲い掛かろうとしていた。

 ダンッ!!

 乾いた銃声が、辺りにこだまする。ロシャが猟銃を発射したのだ。
 ロシャの射撃は早く、そして正確だった。姫たちに向かう蛇を、ロシャの発射した弾丸が、次々に粉砕していく。

「トマス!!」

 姫はというと、ハヤブサにトマスを託されてから、彼に向かって必死に呼びかけていた。
「トマス!! トマス!! しっかりしてください!!」
「う………! う………!」
 低く呻くトマス。
 その周りで兵士たちが、彼を止血するために、走り回っていた。
「もっと白い布を持って来い!!」
「しっかり押さえろ!! 緩めたらだめだ!!」
「トマス!! 死ぬなよ!!」
 兵士の一人が、必死になって叫んでいた。
「死ぬような傷じゃない!! 絶対に、生きるんだ!!」

 ダンッ!!

 銃声とともに、動いていた最後の一匹の黒蛇が、肉塊となって飛び散る。それを見届けたロシャが、大きな息を吐きながら、構えていた猟銃を、下ろしていた。

「………これで、最後でしょうか………」

「いや…………」

 龍の忍者は、ロシャの問いかけに、不吉な答えを返す。
 現に、龍の忍者はその気配を捉えていた。
 こちらに向かって迫ってくる、どす黒い、邪悪な気配を。

「………来るぞ」

 ハヤブサは、苦無を6本取り出すと、印を結びながら、苦無に向かって『気』を込める。

「叭っ!!!」

 ハヤブサの手から放たれた苦無は、トマスの治療を続けるナディール姫と、兵士たちの周りを囲むように、地面に突き刺さった。刹那、苦無自身に、ボウ、と、青白い光が灯る。
「これは?」
 問いかけるロシャに、ハヤブサが短く答えた。

「結界だ」

「結界………」
 反芻するロシャに、ハヤブサは少し補足説明をした。
「少しだが、『邪』を払う力がある。あまり強力ではないが─────」
「……確かに、何か『力』を帯びているようですね。特殊な波動を感じます」

「分かるのか?」

 ハヤブサは、少し意外そうに、ロシャに問いかけた。それに対してロシャは、少し苦笑したような表情を見せる。

「私の一族は、どうやら『魔女』の流れを汲むものらしいのです」

 ロシャの一族は、はるか昔───『魔女狩り』が盛んだった地域から、この国に流れてきていた。
 特に、何か能力があったわけではない。ただ、人より『感が良い』というだけだったと伝え聞いている。
 だが、自分の一族には、普通では考えられないような技が、伝わってきていたりするので、『魔女』という出自も、あながち間違いでもないのでは、と、ロシャは思っている。

「そのせいかどうかはわかりませんが、常人には感じられない『気配』のようなものを、時々感じることがあって………」

「ならば、分かるだろう? 今、こちらに向かって進んでくる『邪悪な気配』が……」

「確かに、そうですね……」

 ロシャは、猟銃に、弾を込めながら言った。

「ただ狩りに来ているだけなら────とっくに、逃げだしているところです」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 いつも愛読していただいてありがとうございます(^^)。
また、気持ち玉へのクリックもありがとうございます! 
ものすごくものすごく励みになります。
アンケート実施しています(*^^*)ご協力お願いいたしますm(__)m
 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

戦う君に、花束を 155 農家の嫁の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる