農家の嫁の日記

アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

zoom RSS 戦う君に、花束を 154

<<   作成日時 : 2017/11/10 22:38   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


 そう言いながら、彼は猟銃を、背中に背負い直す。

「頼む」
 ロシャを、どこまで信じていいのかは分からぬが、今は、この地に詳しい彼の力が必要だった。だからハヤブサも、彼の申し出を受け入れた。
 ロシャは、ハヤブサに対して頷き返すと、洞窟の中に入って行った。

「行きましょう」

 姫もそのあとに続いて歩き始める。その傍に、ハヤブサが寄り添った。
「よ、よし……! 俺たちも行こう!」
 兵士たちも、多少おっかなびっくり、と、言った風体はあるが、その後ろに付き従った。


 しばらく歩いたところで、ロシャが足を止めた。

「………どうやら、この洞窟に調査団が入ったようですね」

「そうなの!? なぜ分かるの!?」

 姫の驚いた声に、ロシャが地面を指さして答えた。

「……地面に、足跡があります」

「─────!」
 ロシャの指摘に、ハヤブサも地面に目を凝らす。なるほど確かに、地面には、複数人の足跡が、点々とつけられていた。
「しかも、比較的新しい……。靴の跡も、あなた方兵士たちが履いている物と、同じもの、と、推測できます」
「うへっ! 本当かよ……!」
 トマスが、素っ頓狂な声を上げて、自分の足の裏を見る。ハヤブサも素早く目を走らせて、兵士たちの靴の裏の紋様を確認した。なるほど確かに、兵士たちの靴の裏と、地面についている足跡の紋様が、一致する。

「行きましょう。生きている方が、いるかもしれません」

 姫は顔を上げて、躊躇いなく前に進み始めた。恐怖よりも、『助けなければ』という使命感の方が、彼女を突き動かしているらしい。

「ひ、姫様〜〜!」
「待って下さ〜〜い!」

 少々腰が引け気味の兵士たちが、そのあとに続く。
 ハヤブサとロシャも頷きあって、それから走り出していた。


 洞窟内をしばらく走ると、足元に、何かが転がっているのが見つかる。

「荷物だ!!」

 兵士の一人が、その傍に走り寄る。
「姫様! これは、軍から支給される鞄です!」
「もう間違いない……! やっぱり、調査団はここに来たんだ……!」
 そう言いながら、トマスが鞄を開けて、中を確認する。中には、非常食や救急用のキットが、きれいに整理されて入っていた。
(襲われたな)
 ハヤブサは、瞬時にそう判断する。
 探索において、絶対に手放してはいけない物が入っている鞄を、こんな風に無造作に落としていくなど、普通は考えられないからだ。

「……何か来ます」

 ロシャが、猟銃を構えながら、警戒した声を発する。
「!!」
 兵士たちはとっさに姫を庇い、それをさらに背後に庇うようにハヤブサが立つ。皆が警戒を強める中、『それ』は姿を現した。

「………………」

 ひた、ひた、と、静か足取りで、こちらにゆっくりと近づいてきたのは、兵士の姿をした『人間』であった。

「お、おい……!」

 その姿を認めた瞬間、トマスはその兵士の前に飛び出す。
 それもそのはずで、彼はトマスに『土産を買ってきてやる』と、言いおいて、調査団の任に就いた兵士だったからだ。

「無事だったんだな!? 心配したぞ!」

「………………」

「お前ひとりだけか!? 他の皆は?」

「………………」

 トマスの問いかけに、男は黙して答えない。

 最初に、その異変に気が付いたのは、龍の忍者であった。

「トマス!! そいつから離れろ!!」

「えっ?」

 トマスが、ハヤブサの方に振り返った瞬間。

 ドグォッ!!!

 派手な轟音とともに、目の前の男の身体が、真っ二つに裂ける。その中から、黒い、無数の蛇のような物体が、一斉に飛び出してきた。

「うあ………!」

 あまりの事態に、トマスの脳は、周囲の状況の理解を拒む。ただ呆けたように、その光景を見つめることしかできなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 いつも愛読していただいてありがとうございます(^^)。
また、気持ち玉へのクリックもありがとうございます! 
ものすごくものすごく励みになります。
アンケート実施しています(*^^*)ご協力お願いいたしますm(__)m
 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

戦う君に、花束を 154 農家の嫁の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる