農家の嫁の日記

アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

zoom RSS 戦う君に、花束を 22

<<   作成日時 : 2017/01/25 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 闘技場の入り口が見えた。
 あと少し。
 迷わずドアの取っ手に手をかけ、開ける。

「ハヤブサ様!! イガール!!」

 ドドン!!

 地響きを伴って、鳴り響く雷鳴。
 闘技場の二人は、こちらに振り向かない。自分の声が、雷鳴にかき消されてしまったのだと、ナディール姫は悟った。
 イガールは、今にもハヤブサに斬りかからんとしている。

(ダメ!!)

 ナディール姫は、迷わなかった。
 彼女は二人の間に割って入るべく、地面を蹴っていた。

「な─────!」

 ハヤブサは気づいた。闘技場のドアが開き、そこから姫が飛び出してきたことに。
 しかし、イガールの方からは死角になっているせいで、彼はこの闖入者に気づいていない。
 姫が何事かを叫んで、こちらに向かって走ってくる。
 それと同時に、突き刺さってくる『殺気』
 それは、明確な意思を持って、こちらを屠らんと、迫ってきているのが分かった。

(いかん!!)
 まるで、魅入られているかのように、殺気に近づいてくるナディール姫。
(馬鹿野郎!! なぜ来た!?)
 来るな! と、ハヤブサは叫ぼうとする。

 その瞬間、空一面が白銀に光り、耳をつんざくような轟音が、上空から降ってきた。
 誰もが、コロッセオに雷が落ちたのだと悟る。
 びりびりと地面が揺れ、雷が空気を割いた風圧が、辺りを襲い、その場にいた兵士たちからは悲鳴が上がった。

「隙あり!!」

 イガールも、地面を蹴った。
 当然だ。
 姫に気を取られた刹那、自分は、隙だらけだった。
『勝負』をしているのだ。こんな隙を、見逃す方がおかしい。

「お、おい……! あれ……っ!」

 トマスが声を上げたのは、コロッセオに祀られている巨大な『戦いの神』の像に、異変が起きていたことに気づいたゆえだった。
 剣を振り上げていた像の腕が、ぼろ……と、音を立てて落ちた。
 腕の根元からは、煙が上がっている。さっきの雷が、そこに落ちたのだと知れた。

 その落ちた腕と、それに握られている大剣が

 ゆっくりと

 魅入られているように

 まるで、天罰でも下すかのように

 闘技場にいる

 ハヤブサと

 イガールと

 走り寄ってくる、ナディール姫の上へ──────

「……………!」

 危ない、と、声を上げる暇もなく。
 その大剣と腕は
 ズウウウウウウウン! と、轟音を立てて
 闘技場に、落ちていた。

 激しい土埃が舞い、一瞬、闘技場の様子が見えなくなる。
 しかし、誰もが絶叫していた。
 最悪の結末しか、見えなかったからだ。

 無理だ。
 あの状況で
 誰が、こんな事態を想定した?
 誰が、これを避けられる、というのだろう。

「うわあああああっ!!」
「隊長が!!」
「姫様が!!」
「嘘だろう!? 姫様がいたのか!?」
「ハヤブサ殿ォ───!!」
 パニックを起こしかける兵士たち。
 その刹那、場を支配するかのような、大音声が響き渡った。

「皆!! 静まれ!! こちらを見ろッ!!」

 その声はボックス席から聞こえてきた故に、皆は一瞬、王が叫んだのかと思った。
 だが違う。
 王にしては、若すぎる声。
 兵たちは振り返って─────息をのんだ。

 何故ならそこには
 闘技場で戦っていたはずの
 黒の忍者の姿が、あったからだ。

 黒の忍者は抜刀をして、王と王妃の前に設えてあるテーブルの上に、辺りを睥睨するかのようにして、立っていた。

「皆!! 姫はここにいて無事だ!! だから、静まれ!!」

 果たして、黒の忍者のその言葉の通りに、ナディール姫の姿が、彼の後方にある。
 そして、闘技場には、剣と腕の瓦礫のすぐそばで、茫然と座り込んでいる、イガールの姿も────

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 いつも愛読していただいてありがとうございます(^^)。
また、気持ち玉へのクリックもありがとうございます! 
ものすごくものすごく励みになります。
アンケート実施しています(*^^*)ご協力お願いいたしますm(__)m
 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

戦う君に、花束を 22 農家の嫁の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる