アクセスカウンタ

本の販売を始めました!
ここより本の注文画面に飛べます。
当ブログでも発表している『キョウジ兄さんに捧げる物語』を小説同人誌にしました。手作り感満載ですが、興味ある方はどうぞ〜

災害で亡くなられた方、被災された方に哀悼の意を捧げるとともに、心よりのお見舞いを申し上げます。
がんばれ日本!!

<<  2017年4月のブログ記事 zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
戦う君に、花束を 94
「ああ……。構わないが……」  シュバルツが頷くのを見て、ナディール姫の面に、やっと少しの笑みが浮かんだ。 「では、執務室に参りましょうか。誰か、カライ内大臣に、執務室に来るよう連絡を取っておいて下さい」 「はっ!」  姫の言葉に、兵士が頷いて走り出す。それを見届けてから、シュバルツの方に振り返ったナディール姫は、シュバルツに縋り付きながら、じっとこちらを見つめているノゾムと、視線が合った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/24 01:41
戦う君に、花束を 93
「私は、父であるガエリアル王より、その全権を託されているのです!! すべての責任は、この私にあります!!」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 14:48
戦う君に、花束を 92
(私が、大人しく捕まればいいではないか)  シュバルツはそう思い立つ。自分がつかまりさえすれば、とりあえず、この場を丸く収めることができる。それに、捕まることで、城の内部深くに入り込むことで─────見えてくることも、あるのではないだろうか。 (捕まろう)  シュバルツはそう決意して、顔を上げる。立ち上がろうとすると、小さな手が、ぐっと手をつかんできた。 「……………!」  シュバルツが少し驚いてそちらの方を見ると、必死の形相で縋り付いてきている、ノゾムの姿が見える。 「ノゾム………... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/20 22:52
戦う君に、花束を 91
「…………………!」  全員がぎょっとなって、その声の方に振り返ると、ひどく殺気をその身にまとわりつかせている龍の忍者が、王太后の方をじろり、と、睨みつけるようにして、立っていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/18 15:58
戦う君に、花束を 90
「あ………! えっと………! その…………!」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/16 13:35
戦う君に、花束を 89
「いや………えっと…………」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 11:11
戦う君に、花束を 88
「第4章」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/12 14:08
戦う君に、花束を 87
「どういうことなのです!? これは!!」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 14:31
戦う君に、花束を 86
(イガール………!) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/08 02:37
戦う君に、花束を 85
 馬鹿だ。  馬鹿だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 01:04
戦う君に、花束を 84
「しまった!」 「姫様!!」 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 01:05
戦う君に、花束を 83
「ハヤブサ」  出入り口に着くと、シュバルツが手を差し出してくる。 「頼む!」  ハヤブサは、ミレイをシュバルツに託すと、再び穴の中へと入っていった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/02 23:13

<<  2017年4月のブログ記事

トップへ

 当方のブログの内容とあまり関係の無いTBは、削除させていただきます。
 悪しからず、ご了承ください。

アンケート実施中

農家の嫁の日記 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる